会員の喜びの声、目次へ

パソボラさーくる虹の素晴らしさ

H・Mさん(ユーザー会員)

視力の低下と共に活字が縁遠くなりました。当然のように読み書き全てが家族頼みとなりました。
しかし、例え家族と言えども全て私の都合に合わせてくれるわけではありませんし、 繰り返し同じ物を読んでもらおうとすると面倒くさそうにします。
読みたい時に読めない!書きたい時に書けない! そんなもどかしさも有ってパソコンを始め、 そして「パソボラさーくる虹」に出会いました。
「読み書きが出来るようになればいい」、初めはその程度の思いでした。 ですが、だんだん欲が出て、 「なして、こげんなるっちゃろ?」、 「どげんしたら、あげな事が出来るっちゃろ?」と思うようになり、 気がつけばしっかり、パソコンと「パソボラさーくる虹」にはまっていました。
教えられていた人が教える立場になる、それも、勉強の意欲を増幅させるんでしょうね。 それに色んな人たちとの出会い、これもまた大きな魅力です。

私はパソコンと「パソボラさーくる虹」から多くの物を与えてもらいました。 本当に感謝しています。
現在、視覚障がい者でパソコンを活用している人の割合は役5パーセントとか。 残りの95パーセントの人達にパソコンの、 そして、「パソボラさーくる虹」の素晴らしさを知ってもらいたい! そう思っています。

「皆しゃーん、パソコンもサポートも、むずかしゅうなかですバイ。 いっぺん、研修会に来てみんしゃい! そして、アタキ達と一緒に勉強ばしまっしょうや!」

このページのトップへ戻る



パソコンを始めてよかった

Y・T(ユーザー会員)

昨年(2003年)11月にパソコンを購入し、 パソコンを本格的に始めて丁度一年になりました。
回りの友人達が次々とパソコンを始めていき、そろそろ自分もと思っていた時に、 パソボラさーくる虹への入会を進められました。

小学校の低学年の頃は、新聞の文字が読めていましたが、 学年が上がって行くにつれ、段々と視力が落ちていき、 高校生の頃には、教科書の文字も読みづらくなり、 点字への切替も出来ず、中途半端になってしまいました。

年を取るごとにますます視力も落ちていき、 文章を読む事も、書く事も出来ず回りの人に頼むしかなくなってしまいました。
そんな時にパソボラさーくる虹・パソコンに出会い、皆様方のご指導により、おかげさまで メールのやり取りや、新聞を読んだりと出来るようになりました。

視力の悪くない方にとってはなんでもない事でしょうが、 私たちにとっては、本当にすごい事なんです。
仕事に趣味にと、世界は広がりました。 そんな実用的な事と同時に、色んな方と知り合う事が出来、 それもパソコンを始めてとても良かったことです。

このように視力障害の方を対象にしたパソコン教室が日本全国に有るかどうかは 知りませんが、この"パソボラさーくる虹"は私たち視力障がい者にとっては、とても有り難く 大切に育てて行かなければいけないのではないでしょうか。 そして、一人でも多くの仲間が集まれば、すごい事だと思います。

使い方さえ間違わなければ、私達にとってパソコンは、 素晴らしい機械になると思います。

このページのトップへ戻る



パソボラさーくる虹との出会い

M・Tさん(サポーター会員)

平成14年12月、元勤務先OB会忘年会で、 今何してる、一度勉強会に遊びにこないか、会場誘導や受付などで良いからと、 先輩の田中副代表に誘われた。
自作パソコンやワード等を少しやっていたので、 設置準備や片付けは出来ると思い参加した。

MMメールの指導テープを借りて聞いたが、 説明する女性の声が早く、何回も聞きなおした。
今でも時々あるが、指導する時、画面全体のイメージを伝えるのに、 「ここにある」と指差し、イエローカードをもらいます。
最近では、手のひらや背中にイメージ画面を書きますが、 女性の場合は断ってからにします。

研修会のサポートに皆勤できているのは、昨年9月に参加した パソコンボランティア講座で、横浜の視覚障がい者体験報告のおかげです。
教えられる側も超個性的な人や色んな考え方の人、生意気な意見の人もいるが、 間違いを間違いと指摘する対等な関係が欲しいと述べられ、 少し自分の肩の力が抜けました。

パソボラさーくる虹には、画面が見えなくても、 パソコン操作を正確に指導できるサポーターのプロが大勢います。
私が教えてもらう事も多々有ります。
楽しい反省会(飲会)にも参加し情報?交換をします。
今後は、IBMホームページリーダーやマイエディタ等のサポート勉強をしたいと 思っています。

研修会の朝は、大濠公園のミスタードーナッツで、 7時30分頃からコーヒーを飲み、ドーナツを一個食べ、リラックスしています。
早起き得意のパソボラ会員の方は、混雑していますがお立ち寄り下さい。
(合言葉はパソボラ虹の人)

このページのトップへ戻る



パソコンをして よかったこと

S・Nさん(ユーザー会員)

パソコンには 興味がありましたが めんどくさそうで、 機械おんちの私が 出来るとは 思っていませんでした。

テレビで、視覚障がい者のかたが パソコンで 子供さんと  メールのやりとりをする 様子をみて、 やってみたいと 本格的に おもうようになりました。

Tさんから 丁寧におしえていただいて 始めたのが、 2年前です。
ローマ字変換は大変でしたが、そのお陰で 現在は、 子供との 口ではいえない事を、 メールで やり取りできるようになりました。

又、いろんなかたから パソコン操作について  教えていただけるようにもなり、様々な出会いが生まれ、 一時期は パソコンの前に座るのも 嫌だなーと  気が進まないときもありましたが、 今は、毎日今日は どんなかなーと 楽しみになりつつあります。

後は インターネットをおしえていただいて、 パソコンライフを楽しみたいです!

サアーッ やりまっせ 前進!

このページのトップへ戻る



ユーザー研修会に参加して

N・Yさん(サポーター会員)

パソボラさーくる虹のユーザー研修会に、はじめて参加したとき驚いたのが、 多くのユーザーの皆さんが、 いろいろなパソコンのソフトの勉強をしていることでした。

いま、私もサポーター養成講座で いろいろ勉強していますが、 なかなか うまく パソコンを動かせません。
すぐに、パソコンの画面を見ながら マウスを使ってしまいます。

これからは、なるべく音声とキーボードだけを使って、ユーザー研修会で、 いろいろなソフトを勉強していきたいと思います。

このページのトップへ戻る



パソコンをやってよかった

S・Sさん(ユーザー会員)

まず、一番よかったのは、筆記用具ができたという事です。
以前より、ワープロをやっていて、現在もやっていますが、 これもいつまでやれるか解らないので、ずっと、どうしようかと迷っていた所、 パソボラさーくる虹に誘われて、思い切って始めて、よかったと思っています。
ワープロにある資料を、パソコンに移さないと、 いずれワープロが見えなくなるでしょうから、 かなり大量の資料なので、ほんとに大変な作業でした。
でも、それが結局、キーを確実に速く叩く練習になり、 ファイル保存等の練習にもなりました。

次に、ハガキの印刷です。 ワープロでもできるのですが、ものすごく時間がかかります。
パソコンだとすごく速いし、裏面に絵を入れるのも たくさん種類があって便利です。

次にメールです。
まさか自分が、メールをするなんて思ってもいませんでしたが、 電話とはちょっと違いますが、いろんな人と話ができて、 こんなに楽しいものとは思いませんでした。
子供達の気持ちが、わかるような気がします。

次に、 ニュース to スピーチや、ホームページ等で、 いろんな情報を手にいれる事ができる。
毎日、見るのが楽しみです。
ニュース to スピーチは、スクラップブックを作っています。

最後は、 仕事上 どうしても必要な「やったかレセプ」と「エクセル」です。
自分でレセプトが管理でき、「やったかレセプ」のすごさに感激しています。

パソコンは「これでいい」と、言う事がないので、 これからも、もっと勉強しなくてはいけませんが、 楽しみながらやっていきたいと思っています。

このページのトップへ戻る



ユーザーさんとふれあうようになって

K・Sさん(サポーター会員)

初めてパソボラさーくる虹を見学させていただいたとき、会員の皆さんはフツーに私の顔と声に関心を寄せてくださいましたので、 私は最初から、さほど緊張や気負いもなく、フツーに「虹」との交流を楽しんでいます。
最近、訪問サポート同行により、ユーザーさんの学習の姿に接するようになりました。

私は面倒なところは人に頼み、コマンドが思うように行かないときはマウスを使いますが、ユーザーさんは、 うまくできなければ、何度でもキーボードで繰り返す、その方法しかないのです。
ユーザーサポーターさんの「自分の知っていることはすべて伝えたい。
パソコンをともに楽しもう」という気持ちは、私にも「もう少し頑張れるかもしれない」という勇気と感動を与えて くれます。

また、パソボラさーくる虹のメーリングリストは情報の宝箱ですね。読んでいるだけで、今まで関心もなかったことに興味を持ち、 さらにホームページを探して読んでみようという気持ちにしてくれるのですから。
自分の送ったメールを誰かが読んでくれているというのも、とてもうれしいことです。 これからも、わからないときは、ユーザーさん、サポーターさんに教えてもらいながら、パソコンとおしゃべりをしていきたいと思います。

このページのトップへ戻る



パソボラさーくる虹に入会して

T・Nさん(ユーザー会員)

パソボラさーくる虹に入会してから、早いもので3年が過ぎました。
たくさんのサポーターの方達の指導のお蔭で、有意義な毎日を過ごしています。

「塚原先生がやってるらしいから、ちょっと覗いてみようか?」と友人に誘われて ふらりと行ったのが、私とパソボラさーくる(虹)との出会いでした。
すぐ、その日に入会しました。 この日から私の生活が感動、意欲、希望、楽しみができ 充実した毎日を送れるようになりました。
体の奥底に潜んでいたやる気をグーンと引き出してくれました。 それから面白くなって、夢中で研修会に通いました。
パソコンは私にとって大切な宝物の一つです。 私はパソコンのことを「じゃじゃうま」と名付けています。 私の指示をよく拒否してストライキを頻繁に起こしているからです。 機嫌の良い日は、嬉しくなります。

パソコンを始めて一番助かっていることは、仕事(治療)で 保険請求が出来ることです。
以前は点字でしたので、数日かかっていました。 なんとそれが、月末には出来上がります。「うぅぅん素晴らしい!」

ちょっと聞き慣れない病名などを質問されると、電子辞書やネットから引き出して 拡大コピーし、患者さんに手渡すと、感動して感謝されます。
新聞も読むことができ、たくさんの情報を得ることができて、話題が豊富になり 患者さんとのコミュニケーションに大きな役割を果たしています。
私は、パソコンでこんなことをやってみたかったのです。 まだまだ、やって見たい事もたくさんあり、パソコンに向かう時間が、 もっともっと欲しい! パソコンの無い生活は考えられません。

私がここまでパソコンを使いこなせるようになったのは パソコン購入に始まり、研修会での指導、訪問サポート、 わからない時、どんなに晩くなっても、快く電話での指導を 受けることができたからです。

こんな素適なパソコンライフに出会えたのもパソボラさーくる虹の サポーターの皆様のお蔭です。
サポーターのスタッフは、とても頼もしくて親切で、本当に素晴らしい! そんな素適な皆様に支えられて、今の私があるのだと思います。 ありがとうございます。

このページのトップへ戻る

会員の喜びの声、目次へ

ホームへ